♨温泉 長野

秘湯感たっぷりの万座温泉 湯の花旅館

2017年12月27日

スノーボードの後はやっぱり温泉!

今回万座温泉スキー場へ滑りに来たドラミ。その話はコチラ

晴れていても気温の低いゲレンデで滑ってると体が冷えますよね!

滑った後はやっぱり温泉に浸かりたい!

万座温泉は全国的にも有名ですが、特に秘湯感たっぷりでおススメなのが湯の花旅館。こちらの立ち寄り湯を利用しました。

今は営業していない朝日山ゲレンデの麓にあります。

麓っていうか、リフト乗り場の目の前!

ドラミが生まれる前、この朝日山ゲレンデのトップから白根山山頂までロープウエーが通ってたんだって!だからそこから草津国際スキー場へ滑り込めるっていう!凄い!

 

車を停めて、すぐ後ろが湯の花旅館。除雪車の後ろが温泉です。

中に入ると囲炉裏があり、その前のカウンターで入浴料を払います。

実は私タオルを忘れてしまい、おっちゃんにタオルありますかー?と聞いたら、テーブルの上のをはい!ってくれました(笑)。

でもちょっと汚れてるやーん!振り返るとカウンターの上には湯の花旅館の名前入りのタオルと歯ブラシのセットが販売中wゴメン値段は忘れましたー

そして竹の繊維で織ったという高級タオルも売ってましたよ!でも硫黄泉で使うのはちょっと勿体ないなぁ。

廊下を置くまで行くと男風呂と女風呂の入口の間に神社?

その右側には混浴露天風呂の入口。
今回はタオルを忘れたくらいですからね、混浴は入りませんよwww

ちなみに友達♂は途中で混浴露天に入ってみたそうですが、熱すぎて足先のみで断念したとか。雪を入れてうめようとしても寒くてやってらんなかった!と悔しがってました(笑)
尚、混浴露天へは脱衣所から直接行けず、タオルを巻いた状態で一度廊下に出てから外に出ます!!!

加水無し!源泉掛け流し

脱衣所は3畳くらいでしょうか。鍵付きロッカーなどもちろんありません(笑)
で、お風呂。貸し切りやーん♪

奥の小さい浴槽のようなところに、サルノコシカケとマツフジの蔓が入っていて、そのエキスを含んだ温泉が浴槽に流れ込むのだそう

洗い場は3つ。シャワーが冷水(泣)。全然温かくなりません…

コレ頭洗ったら悲劇だわ、と体だけ洗って湯船のお湯を掛け湯してから湯船に入ります。
はぅ~。超絶いい温度だ♪
建物の外側を見たら、引っ張ってきた源泉を巨大な樋のようなものに通して冷ましてから、内湯に引き込んでいる様子。加水無しの源泉100%だそうです!
昼間っから貸し切り状態の温泉だなんて、本当に幸せ!
お隣の男子風呂と、気持ちいいね~!なんて話できるのも、小さい温泉ならではですね。
そして誰も居ないものだからセフルタイマーしちゃったり(笑)

ドラミは脱衣所にドライヤーが無かったのもあり髪の毛は洗いませんでしたが、帰りがけにお会計のカウンターにドライヤーが置いてあるのが見えました。あれを借りればいいのかな?

そんなわけで、皆様もぜひ行ってみてください!

注意ポイント

湯の花旅館(立ち寄り湯)

入浴料 700円

営業時間 10:00~15:00

内湯 男湯1 女湯1

露天風呂 混浴1

洗い場 3ブース

ドライヤー フロントにある?

ロッカー 鍵無し

有料タオル販売あり

公式サイト http://yunohana-m.com/

 

-♨温泉, 長野

Copyright© 明日も山に , 2020 All Rights Reserved.