❄スノーボード 新潟

本気になったら!魚沼大原スキー場

2017年12月31日

年末は慌ただしい

今年2017年の年末は30日から休みだったのですが…年末の慌ただしさに疲労困憊で起きれず(笑)。

のんびり行きつけのショップに行き、取り寄せて貰って(から2ヶ月経ってしまって)いたブーツを熱型成してもらいました。
今回は一発で決まったぜ!

そんな訳で雪の無い関越に伊香保から乗ってみます。
関越トンネル抜けても同じ色の道路…
越後湯沢で温泉に入ってから、いつもの六日町の道の駅南魚沼に到着。
車泊準備にとりかかる前にSNSを見てみたら、なんと友達が今日大原に行ってきたとの投稿!
彼の年末年始のだいたいのルートを聞いてはいたのだけど、今日私が寝坊してなかったら一緒に滑れたのになー、残念。

彼が言うには、ずっと降り続けてて俺はコースの途中で埋もれて脱出するのに40分くらい掛かった!明日は絶対いい!ドラミの板なら余裕だよ!って!
そこまで言われちゃ行くしかない!

湯沢も六日町も気温が1度とかで、妙に暖かいから迷ってたんだけど。
どうせ午後は行きたいところがあるのでで半日券になるし、よし行こう!と、道の駅ゆのたにへ移動。
道の駅南魚沼は安定の大にぎわいでしたが、ゆのたには22時頃着いても4台くらいしか停まってない。
翌朝は、道の駅ゆのたにから40分くらいで大原スキー場へ。
できたら、インター周辺で買い物を済ませた方が良さげです。

魚沼大原スキー場へ

関越道小出インターからは30㎞ほど。空いていれば40分くらいで着きます。

ちなみに道の駅ゆのたにも小出インターのすぐ近く。その向かいには車泊のお供スーパーウオロクがあります。

小出インター周辺にはスーパーもガソリンスタンドもコンビニもありますが、市街地を離れると一気にお店が減ります。お買い物はインター周辺で済ませましょう!

インターから大原スキー場への道は特に厳しいところは無かったです。最後は圧雪路でしたが二駆でも全然問題なし。

ゲレンデに着いてみると車少なっ!私入れて3台!しかも他の車はまだ寝てる(笑)

リフトは8時開始だけど、もう8時20分。
仕度をして動き出しても誰も滑ってないです(笑)

センターハウスは、1階に男女別の更衣室とトイレ。どちらもそんなに広くはないけどキレイです。
2階はゲレンデ側からも入れて、食堂とリフト券売場のフロア。食堂の奥には荷物を置ける棚がありますね。

 

こちらがコースマップ。

なるほど、昨日友達が埋もれたのはCコースだな。

ローカルの割に案外コースが多いかも!楽しみだぁ♪

ではリフトに乗りまする。

 

人のいないゲレンデ

第1リフトを降りてから少し滑り下りると第2リフト乗り場があります。

左奥に見えるやたら白いのが守門岳?
毎年行こう行こうと計画するけと流れちゃうアレです。
東洋1の雪庇だっけ。

 

山頂からの眺め。正面は荒沢岳でしょうか。

 

コースがわからないので、とりあえず第2リフトを降りて左側のBコースの端パウを狙ってみる。
フムフム、斜度もしっとりパウダーもいい感じ。
ピステンもキレイなので、そのまま下のリフトまで下りてしまった(笑)

 

次は友達が「どうやら非圧雪らしい」と言っていたCコースへ。
ウヒャー!宇宙だぁ☆と30秒ほどの非圧雪面ツルを堪能。
ところが素直に滑り降りたドラミ、いきなりピステンとの境界で大クラッシュ…。
あーしまった。もっと先を見ないとだ。でもクリーミーな生コン面ツルが気持ち良すぎる!

↑滑走中は動画しか撮ってなくて、そこから切り取ったので画質悪くてスミマセン

ところで、帰ってきてから写真を見て気が付いたのだけど、Cコースの外側にもう1つコースがあったのね!
Dコースか…確かにCコースに入る時に左側に行けそう?それともコース外?でも何も標識無いしな…と思ってたドラミ。だだっ広くて、その奥にまさかコースがあるなんて!って感じでした。 そもそもこのスキー場、コースの標識なんてどこにもない(笑)

 

貸し切り状態も長くは続かず

遅くにやってきたボーダーさんたちは他のコースの端パウを食っていたけど、このCコースの存在はバレていない様子(笑)。
しめしめ。とりあえずギッタギタにしてやったぜ。もうライン選ばないとノートラ踏めないぜ。と思っていたら、彼らもリフトから私が滑っているのを見たようで入り始めました(笑)。

でもね、朝は曇りだったけとすぐにピーカンとなった今日、もう雪が腐ってきてるのだ。
11時過ぎたらあのクリーミーなパウダーはもう賞味期限が切れていた。
となれば、さっさと上がるのみ。
私は元々半日券だしね。また曇天になってきて寒いし。
さようなら。大原さん。また来るね!

空いてるしリフト券安いし、初心者さんはこういうところで練習するのがいいよなーと思います。ホント。

マイカーで、うまい人が初心者さんを連れて来るなら、って条件付きにはなってしまうけど。

関越沿いだと群馬ならたんばら、川場、新潟なら舞子とか神立あたりが多いと思うけど、週末激混みのところじゃ危ないし、リフト待ちで疲れてしまうよね。リゾート感満載のゲレンデもいいけれど、ねぇ…。

確かに大原は首都圏からのアクセスはいいとは言えないし、小出インターなんて奥只見に行くと時にしか使わないよーっていうボーダーさんも多いと思います。小出インターまで来なくても、湯沢~六日町あたりにゲレンデたくさんあるもんね!

でもそこは豪雪地帯の旧入広瀬村。ここは標高高くないのに4月半ばまで営業してたりするのですよ!

標高高くないけど市街地からすでに豪雪だけど、でも急こう配に難儀することもないし。

昔は大原国際スキー場だったっけ?何度か名前が変わっているのだけど、市営スキー場が閉鎖の危機に追い込まれたのが民営化されて頑張っているのだとか。

なんだか応援したくなっちゃいますね。また行かなくちゃ!

 

ドラミまとめ

リフト2本のローカルゲレンデ!

でも初級者から上級者まで対応可能なコースレイアウト。

非圧雪コースあり!もう少し長かったら言う事無し(笑)

首都圏からはちょっと遠いけど、リフト券はとても安い!

ゲレンデ情報

魚沼大原スキー場 http://www.area-uonuma.jp/index.html

新潟スノーファンクラブ http://www.niigata-snow.jp/

 

 

-❄スノーボード, 新潟
-, , , ,

Copyright© 明日も山に , 2020 All Rights Reserved.