❄スノーボード 新潟

妙高杉ノ原スキー場に行ってきた件

2018年1月2日

 

お久しぶりの妙高杉ノ原スキー場

ドラミのお正月車泊ツアー1月2日は妙高杉ノ原スキー場でございます!

前夜、飯山で買い物をして道の駅しなのまちで者泊していたドラミ。友人からLINEやSNSで明日は杉ノ原に来いと連絡が来ましたが、ペンション泊をしていて明日帰る彼らは早上がり予定だそうで。とりあえず明日の朝考えるー!と保留にしていました。

妙高杉ノ原スキー場。通称”杉”。もしくは杉ノ原。日本百名山の妙高山の裾野にあるスキー場。

最寄りのインターは上信越道の妙高高原インター。そこから5㎞。近いですね!」

この妙高山の裾野には方角を変えて、妙高杉ノ原、池の平スキー場、赤倉観光スキー場、赤倉温泉スキー場、関温泉スキー場、(そしてかつて燕温泉スキー場もありました)というたくさんのスキー場があります。

 

どんなゲレンデなのー?

杉ノ原はゴンドラ側の杉ノ原ゾーンと、広いパークがある三田原ゾーンの大きく2つに区分けされます。コース上部ならゾーン間の連絡コースがあるのですが、それを逃すと連絡コースはありません。リフトで登り返すか、一番下まで滑って上がってくるか。

ちなみにこの杉ノ原、一番上から一番下まで滑ると8.5kmもありますよ!もうAPPですよ!え?足パンパンって意味です(笑)

で、↑写真は三田原高速第三リフトから撮ったものです。フード付きなのですが、リフト下が♡

昔はもうちょっとリフトがあったんですが、時代の流れか老朽化か減りましたね。初心者さんを連れて行く場合はどこで滑らせたらいいんだろう…駐車場に近い辺りはカリッカリになるし…いきなりゴンドラに乗せちゃうと、休憩スポットまで頑張ってもらうのもつらいかも。

 

プリンス系列の杉ノ原

そうそう、リフト券のお話。

妙高三山共通早割だと、杉ノ原は4時間券に引き換えです。現金で600円足せば1日券に変更可能だとか。

プリンス系列なのでプリンス共通の早割も使えますよ!

ただ、ドラミは杉ノ原に来て丸1日滑ったことがありませんっwww

それは雪が重た目でさらにすぐにギタギタになるからか?それともうっかりカッチカチになるからか?どちらにせよ疲れるゲレンデってイメージ(笑)

 

まずは山頂で記念撮影を(笑)

山頂にはスマホ用のスタンドがあります。コレ便利よね♪
極寒の山頂で記念撮影とか頼みづらいし。しかもスマホだとほぼグローブ外さなきゃだし。

かぐらにもあるけど、プリンス系のサービスなのかしら?

山頂からは3つのコースがあり、そのうち2つは非圧雪の上級者コース。その非圧雪コースの間に素敵な森があるわけで…ゴニョゴニョ。
山頂の気温はマイナス7度でしたが、やっぱり雪は重ためかなー。
今日は重たいなって日のかぐらくらい。
普段軽い雪で滑ってると贅沢になります(笑)。
で、その森もギッタギタになってきたので、下ってきてパークの脇の森に入る。ここって昔からロープ無いけど公認なのかしら?斜度があまりキツくなくて木もタイト過ぎないのでツリーラン初心者さんの練習にはいいかもです。ただ斜度が無い分止まると大変なので、ちゃんと3ターン先を見て滑りましょうね!

そしてパークの先にも素敵な平原が広がってるわけで…ゴニョゴニョ(笑)

パークもポコジャンがたくさん並んでたり難易度も高くなく、そして全長1㎞もあるため流して滑れるので、初心者さんには入りやすいと思います。私も永遠のパーク初心者ですが、ここは躊躇なく入れます(笑)。コースの隅っこでリフトからも遠いので見られてる緊張感も無いんですよね。

 

非圧雪コースはすぐにコブコブになっちゃうよー

晴れてたけど一気に雲が上がってきて、またさーっと晴れたり。あれは黒姫山?高妻山?戸隠?

雪が重たいし人が多いからすぐにコブコブになっちまいます。コブ嫌ーい!(笑)

結局友達と連絡取れたのはお昼。
もう上がろうと一番下まで滑り降りて、ノロノロの杉ノ原第1ロマンスリフトに乗ったところでパークの脇で滑ってた!ってLINEが。
なので結局数年振りのセッションならず(笑)。

もういいや。雪重い。楽しくない。やっぱり杉好きじゃない(笑)

 

スタック経験は妙高だけなんです

もう天気も悪くなっちゃったしさ。下の方はカリッカリだいさ。

なんて不貞腐れたドラミに更に災難が!
温泉行こうーと車を出そうとしたけどスタック!

駐車場は頭から突っ込んで2列ずつ停めていく方式でしたが、前の車がまだいたので私はハンドルを切りながらバックで出なければならず。しかも通路の幅が狭いのでハンドルを急に切っていたのがいけなかったのか。一度は自力で抜け出して元の位置に戻ったけど、帰るためにはまた出ようとする訳で、またハマる訳で(泣)。

BC用のシャベルが役に立ちますね。やっぱりアルミよね。ポリカーボネードのシャベルじゃダメよね。
で、今度は押してもらったけど、また出られずハマる。
そのうち隣の車のお兄さん達が戻ってきたので押してくださいとお願いしてたら、反対隣のファミリーも戻ってきた!
今日はみんな早上がりなんだね。助かった!
お兄さん達が私のシャベルで雪をかいて準備してくれ、せーので押して、ファミリーのパパさんがハンドルを切る監督をしてくれて、無事通路に脱出。
もう皆さんにペコペコ頭下げてお礼言いました。
そして、なんで四駆にしなかったんだろうーと後悔…( ´Д`)まぁそれは追々書きますが。

それにしても、前回スタックしたのも妙高。前の車でしたが、その時は仲間と一緒だったのですぐに押して貰えたんですね。
もっと過去を辿れば20代の頃相方の車でスタックしたのも赤倉温泉だった(笑)。
この時は習志野ナンバーのレグナムさんとレガシーさんが助けてくれたんだよね。懐かしい(笑)
レグナムさん、レガシーさん、その節はお世話になりました。

そんな訳で、やはり妙高には縁がないのだなと再確認。
まぁ自宅から2時間でかぐらに行けて、3時間ちょいで志賀高原や野沢や白馬に行けるんだもん。妙高に来なくても間に合ってる(笑)

そんな久しぶりの妙高杉ノ原。
駐車場はあれだけ広いのだからギュウギュウ詰めにせず、もう少し考えて欲しいと思ったドラミでございました。
多分また3年くらい行かないと思う(笑)

 

ドラミまとめ

上から下まで8.5㎞のロングコース!

非圧雪コースとツリーランが楽しい♪

スタックに注意!(笑)

 

ゲレンデ情報

妙高杉ノ原スキー場 http://www.princehotels.co.jp/ski/myoko/

-❄スノーボード, 新潟
-, , ,

Copyright© 明日も山に , 2020 All Rights Reserved.